マイホームにおける資金というのは

住宅を建てる、買うというときには当然、かなりの資金が必要になります。すべてを自力で揃えることができるのであればそれにこしたことはないのですが、まず考えるべきは分限です。すべてをローンで、ということになった場合、ある程度の指標がありますから、それは知っておきましょう。簡単にいいますとそれが年収の5倍程度、ということです。年収が上がることを想定して組むのではなく、今現在のものにしましょう。そこから算出して5倍以下にする、という事がまさに基本的な考え方になります。どんな家にするのか、どんなところの家がよいのか、ということを考えることもそれはとても大事なことではありますが、それ以上ともいってよいくらいにいくらまでならば無理なく買うことができるのか、ということから考えるようにしたほうがよいでしょう。それでこそ、安心して住むことができる家を手に入れることができるようになる、といえるわけです。支払いが多少きついのは仕方ないですが極端に無理はしないことです。

 

作成者: watch

“マイホームにおける資金というのは” に1件のコメントがあります

コメントは受け付けていません。