住宅設備は良いものを見はじめると、きりがなくなります。

一生に一度しか建てないだろうと思っている、自分の夢の家を建てるわけですから、特に女性としては水回りには強いこだわりを持っています。
ハウスメーカーに言われて、水回りの設備のショールームにあちこち観に行くと、素敵なものが数多くあります。
たとえば、トイレだからその目的を果たせることが一番と考えて、トイレなどにお金をかける必要はない、という夫に対し、汚れが付きにくいのは、手入れが楽、この構造だと、トイレ掃除がしづらい、収納がないと、トイレ関連のいろいろなものを納める場所がなくて、動線が長くなって効率が悪くなる、など、いろいろと希望をいって、夫とは言い争いになってしまいます。トイレの便器など、そうそう変えるものではないので、最初に、そのときに出ている一番いいものを取り付けたい、と思う私の気持ちには全く理解をしめさず、でした。
ただ、そうやって、ショールームで一番いいものを、と選んでいったら、とてつもない金額になってしまい、見積りがきて、びっくりしてしまったのも事実です。なかなか、妥協点を見つけるのが難しかったです。

 

作成者: watch